形状でみる3大ED治療薬

形状でみる3大ED治療薬

薬は作用副作用が気になるところですが、自分が服用するにあたって気になる点といえば錠剤の大きさではないでしょうか。
バイアグラ・レビトラ・シアリスといった3種類の薬はどれもEDを治療してくれる優れものですが錠剤の大きさが当然違います。
またこれら3種類には数多くのジェネリックタイプも存在し、そちらにも錠剤に違いがあります。
こちらではそんな錠剤に関する情報を集めてみたので気になる方は確認してみてください。

バイアグラの錠剤

ED治療薬の中でも歴史が長いバイアグラは青色をした錠剤となっています。テレビや雑誌では「青い柿ピー」と呼ばれることもあり薬の中でも一番知名度が高い薬でもあります。
バイアグラにはスーパーカマグラといったジェネリックがあります。
25mgと50mgが基本的な大きさになっていますが、海外では100mgが販売されており個人輸入で購入することができます。
100mgをピルカッターで半分にすることでお得に使用することもでき、ジェネリックも豊富にあるので色々なタイプを試すことができます。
とりあえず、EDの薬を使いたいとお考えの方はバイアグラやカマグラなどを使用してみると良いと思います。

レビトラの錠剤

レビトラはオレンジ色の錠剤であり5mg10mg20mgが適量といわれています。即効性の高いレビトラは早い段階でベッドインすることができ人気もあります。
ジェビトラといったジェネリックもあり、なかにはODタイプという水なしで服用することができるタイプもあります。
即効性の高い薬や水なしで楽に飲めるタイプはこちらがおすすめです。

シアリスの錠剤

シアリスは薄い肌色をしたタイプであり、5mgから20mgが日本人の適量と言われています。
1粒使用するだけで最大36時間も効果が続き、他のタイプよりも副作用の発症率が少なく、安心した薬を使用したい方はこちらを選ぶと良いと思います。
メガリスやタダシップなどのジェネリックもあり、どれも値段が安いので薬の代金を抑えたいという方にもおすすめです。