3大ED治療薬と副作用

3大ED治療薬と副作用

薬というのは作用以外に必ず副作用という症状が発症すると言われています。
バイアグラ・レビトラ・シアリスなどの3大ED治療薬にも副作用の報告があり、なかには命にかかわるケースも含まれています。
薬の開発というのはどれも副作用を考慮して開発されているため、飲んだからと言って必ずしも副作用を発症させることはありません。
しかし、間違った服用方法や大量摂取など誤った使用をしてしまうと、重大な副作用を発症させてしまいます。
また副作用の情報を集めることで、いざという時にも対応することができます。
こちらではそんな副作用に関する情報を集めてみました。

副作用について

バイアグラ・レビトラ・シアリスはどれも血液の流れを良くしてくれる作用があります。
ED(勃起不全)という症状はペニス内の血液の流れが悪くなることで発症するものであり、それを解決してくれるのがED治療薬ということです。
どの薬も使用するとペニス付近の血液の流れが良くなり、その影響で体全体が充血し副作用が発症する場合があります。
顔や体が火照るように赤くなるのが一番報告が多い副作用となっています。
それ以外にも軽度な頭痛、めまいなどが挙げられています。
これらも血液の流れによる血圧低下によるものであり、薬の効果が切れてくると同時に副作用の症状も消えていきますので、基本的に気にする必要はありません。またこの副作用の発症イコール薬が効いている証拠だとポジティブにとらえる方が多いと言われています。

重度な副作用について

ED治療薬は使用することで血液の流れがよくなり、血圧低下が一時的に起こります。
副作用の発症率は比較的低めではありますが、大量摂取や誤った服用方法をしてしまうと重度な副作用が起こります。
報告されているのは突発性型の難聴、血圧低下による狭心症などの重度な副作用を引き起こす可能性があるため、これからED治療薬を使用する方は用法容量をしっかりと守って使用してください。これは薬全般に言えることです。